交通事故被害者が知りたい賠償金の決定基準交通事故被害者が知りたい
賠償金の決定基準

交通事故に遭った場合、人身と物的損害を被ったとして慰謝料などの損害賠償金が支払われることになります。しかし、金額がどのように決定されているのかをご存じの方は少ないと思います。

決定基準には自賠責・任意保険・裁判所基準の3つがあり、それぞれによって金額が異なります。

こちらでは、これらがどのように賠償金を決定しているかご説明いたします。

調査事務所が基準を決定している自賠責基準

調査事務所が基準を決定している自賠責基準

自賠責基準では、自賠責損害調査事務所が支払い基準に従い金額を査定し、それを参考に自賠責保険会社が支払額を決めます。

みなさんご存じの慰謝料は¥4,200です。

なお、自賠責ではけがを負った方を被害者とします。

傷害事故の場合は、被害者の過失割合が70%未満であれば賠償金は減額されず、70%以上であれば20%の減額となります。

後遺症をもたらす後遺障害事故や死亡事故の場合は、被害者の過失割合が70%未満なら減額無し、70%以上80%未満は20%、80%以上90%未満は30%、それ以上は50%の減額となります。

保険会社が独自に決定している任意保険基準

任意保険基準では、各々の保険会社が定めた基準で支払額を決めています。

この基準は公表されておらず、弁護士基準と同じ扱いになるべきですが、現実は自賠責基準を参考に決定されている傾向にあります。

このようになった背景には、全ての保険会社が同一の査定にならないためだといわれていますが、交通事故被害者の立場からすると不透明だといわざるをえません。

赤本と青本で決定している弁護士基準

弁護士基準では、民事交通事故訴訟・損害賠償額算定基準と呼ばれる赤本、交通事故損害額算定基準と呼ばれる青本で支払額が決定されます。

これらには参考になる裁判例が主に掲載されており、実際の裁判でも基準として使われています。

どの基準よりも賠償金が高額になるケースがありますが、手間と時間、費用などがかかってしまいます。

慰謝料は高額になります。

弁護士を頼る前に、是非とも被害者支援会議にご相談ください。被害者支援会議は、交通事故被害者のみなさんを最大限サポートいたします。少しでも受け取る賠償金を増やすための裏技を、現役損保社員がお伝えいたします。