交通事故から示談までの進め方交通事故から示談までの進め方

示談とは、交通事故治療や慰謝料などのトラブルに対し被害者と加害者が話し合い和解するための契約です。事故後のトラブルも少なく平和的な解決であるため、運転側に同情の余地がある場合や被害者の症状が軽いときには示談で解決することも多いです。スムーズに示談を成立できるよう、交通事故発生から示談までの流れや注意点をご説明いたします。

交通事故発生から示談成立までの流れ

交通事故発生から示談成立までの流れ

事故が発生したらまずは警察に通報し、事故現場の検証を行います。

その際に事故で怪我をしたときは早急に医療機関にて交通事故として治療を受け、後遺症になる場合は後遺障害認定を受け、慰謝料を含め賠償金の請求をします。現場検証、怪我の治療が終わると、いよいよ示談交渉に移ります。示談交渉は「加害者と直接話し合う」というパターンはごくまれで、ほとんどの場合は「加害者の入っている保険会社とのやり取り」が主になります。

なぜなら、任意保険に示談代行がついている場合が多いからです。

話し合いで慰謝料を含む示談金や賠償金、治療費についての取り決めをし、示談書を作成して加害者と被害者がお互い捺印をすることで初めて示談が成立します。

加害者が保険会社に代行を依頼するように被害者も弁護士を介して話し合いを行うことはできますが、依頼費用が高くつくため慎重に考えた上で依頼しましょう。

示談金を決めるときの注意点

示談金を決めるときの注意点

示談をするときに保険会社とトラブルになるのが、慰謝料を含めた示談金についての話し合いです。保険会社によっては被害者側に対しぞんざいな扱いをしたり、賠償金や示談金を出し渋ったりする場合があります。

そのため、事故に詳しい人や相談できる機関にアドバイスを貰い、示談金を明確に設定しておくことをおすすめします。

事故で受けた精神的負担(慰謝料)や事故や示談についての手間をよく考え、確固たる意志をもって金額を提示しましょう。

保険会社は提示金額を下げようとする場合があるので、はじめから金額を高めに設定しておくのも1つの手です。

被害者支援会議では、示談交渉や交通事故治療請求、慰謝料請求などに関しての相談を承っています。長年損保を担当してきたプロのアドバイザーが、慰謝料などの高額請求を受け取るための裏ワザの紹介やアドバイスをいたします。交通事故でお困りの方は、是非一度被害者支援会議までお問い合わせください。