被害者になった際に注意すべきこと相談すべきこと被害者になった際に
注意すべきこと相談すべきこと

交通事故被害者になった際、警察に届け出を出した後にどのような行動をとると良いのか分からない方は少なくありません。そこで、こちらでは交通事故被害者になった際に注意すべきこと、相談すべき事をご紹介いたします。

医師の診察を必ず受ける

医師の診察を必ず受ける

事故による怪我がかすり傷程度であれば、病院へ行かずに過ごす方もいらっしゃるかもしれません。しかし、かすり傷程度であっても、交通事故後はすぐに病院へ行き医師の診察を受けることが大切です。表面的にはかすり傷などの軽傷であっても、しばらくして体調を崩してしまったり、痛みが出てきたりすることもあります。後遺障害の心配もありますので、交通事故後は決して自己判断をせずに、必ず病院で医師の診察・相談を受けるようにしましょう。

領収書や診断書などの書類は大切に保管する

交通事故により怪我をした場合、治療のために病院に入院したり、通院したりすることもあります。

また、怪我が酷い場合には交通機関を利用することになるかもしれません。

交通事故に遭ったことでかかった治療費や交通費といった費用は、保険会社に請求することができます。

領収書や診断書などの書類は証拠として提出するので、処分せずに保管しておきましょう。

当然ですが、その治療によって慰謝料が発生します。

示談は慎重に!

示談は慎重に!

交通事故被害者がどのくらいの慰謝料・賠償金をもらえるのか把握している方はそう多くありません。そのため、保険会社から提示された金額を見て、妥当であるかどうか、特に慰謝料の判断は難しいものです。だからこそ、示談交渉は慎重に行う必要があります。一度示談書にサインをすると示談が成立したとみなされ、その後にかかった費用が請求できなくなってしまいます。

後遺障害申請については、示談時に予想がつかなかったとして交渉再開は可能です。


提示金額が本来もらえる金額よりも少ない場合もありますので、慰謝料を含めた賠償金をきっちりもらうためにも、示談は治療完了、または後遺障害等級認定を受けた後に始めるようにしましょう。

そして、ある程度慰謝料・賠償金に関する知識も得ておくことが大切です。

しかし、一定の期間を過ぎてしまうと損害賠償権の時効となり、慰謝料などの賠償金を請求できなくなってしまうので注意が必要です。

当然ですが、その治療によって慰謝料が発生します。

ぜひご相談ください。

被害者支援会議では、交通事故被害者の相談やサポートを行っています。交通事故慰謝料の計算や示談交渉術など交通事故被害者にとって有利な情報をお教えいたします。さらに、プロの現役損保社員が作成した慰謝料請求の裏ワザメルマガやマニュアルの公開も行っています。完全マンツーマン指導でサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。