• 交通事故に遭ったらプロの現役損保担当者の裏ワザ公開!交通事故119.jp
  • その慰謝料、今の5倍取りませんか?
  • 被害者請負救済人、交通事故で 苦しむ人を0にしたい

基準を把握し交通事故の慰謝料相場を知ろう基準を把握し交通事故の慰謝料相場を知ろう

交通事故慰謝料の3つの基準

交通事故慰謝料は、「自賠責保険基準」「任意保険基準」「裁判所基準」といった3つの基準から算定されます。

このような一定の基準が存在することによって、同じ被害を受けた方の慰謝料に大きな差が生じるということも避けられます。

交通事故慰謝料の3つの基準と相場

自賠責保険基準

自動車やバイクに乗る方は必ず自動車保険に加入しなければなりません。その自賠責保険が定めた基準を自賠責保険基準といいます。

交通事故の被害者救済を目的としている保険なので、算定基準は低めに設定されています。

慰謝料は通院に対して¥4,200/日です。

任意保険基準

自賠責保険では補償できない部分をカバーする目的で加入するのが任意保険で、過去の賠償額を参考に各損害保険会社が独自で定めた基準を任意保険基準といいます。

損害保険会社によって基準は異なるので、同等の事故であっても慰謝料の支払額に違いがでてきます。

裁判所(弁護士)基準

裁判所基準は、過去の交通事故慰謝料の判例を参考に、弁護士が算定する基準のことをいいます。

過去の判例を参考にしているので、請求できる金額が裁判を起こした時とほとんど変わりません。

【算定基準による慰謝料には差がでる?】

同等の事故であっても、それぞれの算定基準によって慰謝料の金額は大きく変わります。

裁判所基準が1番慰謝料の金額が多く、次に任意保険基準、最後に自賠責保険基準という順番で慰謝料の金額が低くなっていきます。

今はネットを活用することで慰謝料の相場なども簡単に把握できます。

そのため、示談交渉の際に損害保険会社から提示された慰謝料が相場と変わりないからと、その金額で納得して示談成立された方も少なくありません。

しかし、調べた慰謝料の相場が自賠責保険基準によって出された金額であれば、裁判所基準よりも受け取る金額が低くなってしまいます。

損害保険会社から提示された慰謝料金額が妥当であるかどうかを判断するためにも、算定基準を把握しておくことが大切です。

交通事故慰謝料の請求でお悩みの方がいらっしゃいましたら、是非被害者支援会議にご相談ください。交通事故慰謝料の専門家である現役損保社員が、示談の進め方や交通事故慰謝料計算の知恵などをお教えいたします。メルマガやマニュアルにて、誰でも簡単にできる交通事故慰謝料請求の裏ワザを公開しておりますので、交通事故に関する悩みをお持ちの方は是非一度ご連絡ください。