後遺障害等級認定の基準とは後遺障害等級認定の基準とは

交通事故によってむちうち症や後部交感神経症候群といった後遺障害に悩まされる方は少なくありません。後遺障害には1~14までの等級に分類されており、認定されると交通事故慰謝料の金額も大きく変わってきます。

交通事故によって後遺障害認定される等級として多いのが第12級と第14級です。そこで、こちらでは第12級と第14級の認定基準についてご紹介いたします。

是非目指したい第12級

後遺障害等級の第12級は、障害が残った部位によって1~14号の14段階に分類されます。

第12級に認定される基準として、第12級3号は歯を7本異常失った場合、第12級5号は骨折などによって骨が著しく変形している場合、第12級6号・7号は手足の関節のうち1つに残った場合とされています。

そして、むちうち症は「局部に頑固な神経症状を残すもの」として第12級13号があります。

非該当とされることが多い第14級

後遺障害等級の第14級は、後遺障害等級の中で最も軽い等級です。

他の等級と比べて慰謝料の金額は低いのですが、示談次第で十分な慰謝料をもらうことも可能です。

障害が残った部位によって1~9号の9段階に分類されており、交通事故による後遺障害で多いむちうち症は、第14級9号に認定されるケースは現状大変厳しいものとなっています。

むちうち症以外にも、第14級2号は事故によって歯を1~4本失った場合、第14級4号・5号は手足に大きな傷が残った場合を基準に認定されます。

しかし、第14級の場合しびれや痛みがあった場合でも、多くは他覚的所見なしとみなされて非該当扱いになってしまうこともあります。

後遺障害認定された場合は交通事故慰謝料や逸失利益の請求ができますが、非該当だと慰謝料などの金額も低くなってしまいます。

そうならないために重要なのが、医師に書いてもらう後遺障害診断書です。後遺障害診断書に不備があった場合には認定されない可能性もありますので、注意が必要です。

適切な慰謝料を請求するためにも、後遺障害認定に関する悩みをお持ちの方は被害者支援会議にご相談ください。交通事故慰謝料の専門家である現役損保社員が、賠償金や慰謝料を高額請求する裏ワザをお教えいたします。医療機関の選び方や医師への受診の仕方、損害保険会社との交渉術などもメルマガやマニュアルで公開しており、事故に遭ったその日からお役立てていただけます。プロの現役損保担当者だからこそお教えできる情報量となっていますので、是非ご利用ください。