• 交通事故に遭ったらプロの現役損保担当者の裏ワザ公開!交通事故119.jp
  • その慰謝料、今の5倍取りませんか?
  • 被害者請負救済人、交通事故で 苦しむ人を0にしたい

qa_main.jpg

よくある質問と損保の言い訳

  • question
  • 買って1ケ月しかたっていないのにぶつけられた
    新車に買い替えて欲しい。

  • answer
  • 新しいお車の為、新車にと言うお気持ちはわからないわけではありませんが、加害者の賠償責任は現状復旧、すなわち修理をすることが原則となっています。これが新車に買い替えと言うことになりますと、通常認められる賠償額と相当の差が出ることになるのです。

    修理技術も、近年非常に向上しておりますし、今回のケースは修理が不可能と言う状態ではありませんので、修理でお願いしたいと思います。

  • question
  • それは保険会社の勝手な言い分だ、裁判をしても新車代金を要求する。

  • answer
  • 今申し上げましたのは、保険会社が勝手に決めた基準ではございません。世間の一般常識や、裁判例からみた損害賠償の一般的な基準です。

    裁判でも(新しい車で、フレーム等重要個所に重大な損傷を受け、修理によって安全性を回復できない時を除き)修理可能な場合は修理をもって現状に復したと判断しています。また新車であっても一旦販売されて登録されますと、それだけでいわゆる登録落ち(車検落ちあるいはナンバー落ちと言われる)により、車両価値はかなりさがりますので、賠償として新車代金が認められる事はありません。

  • question
  • 修理可能であっても事故車には乗る気がしない。

  • answer
  • 実際に修理するかしないかは○○様のご自由ですが、あくまでも修理費をお支払いすることが、妥当な賠償と考えておりますので、ご了解いただきたいと思います。

  • question
  • 修理費だけじゃなく格落ちを認めろ

  • answer
  • 格落ちについては、購入後間もないお車で、損害が車の骨格部まで及んでいるるような損害である場合には、裁判でも認められている場合もありますが、今回の場合は修理で十分元通りになるものと思われますので、格落ちはお支払い出来かねます。ご了承ください。ただし、「すでに下取りが決まっていた」など事実関係を確認する必要がある。

  • question
  • ディラーに「事故車になると下取り価格が半分になる」と言われた。

  • answer
  • もともと、いわゆる「下取り価格」とは自動車を販売する前提として設定されるものであり、事故時の自動車の損害額とは直接結びつくものではありません。しかも下取りの時期も先の話ですから、もし格落ち損害が発生するとしても、今の段階でそれを金銭的に評価するのは不可能だと思います。 車と言うものは、時がたてば自然と価値は下がるものですから、それと事故の影響の分とは区別できないと考えております。

  • question
  • 修理すれば50万円かかるのに、どうして30万円(時価)しかはらえないのか?

  • answer
  • 修理費が時価を上回る場合には、時価額での賠償となります。 時価と申しますのは車の現在の評価額、すなわち世間相場の価格です。
    ○○様のお車の時価は30万円と判断しておりますので、その時価以上の修理費はお支払い出来かねます。

  • question
  • 修理代はもういい。同じ車を持ってこい。

  • answer
  • 感情的になられるお気持ちはお察しもうしあげますが、我が国の損害賠償は金銭での賠償が原則となっております。 全くおなじ車などあり得ないわけですから、お車の価値を客観的に金銭評価してお支払いさせていただくことでご了解いただきたいと思います。

  • question
  • 仕事で車を使っているのでとりあえず代車を出してほしい。

  • answer
  • まことに申し訳ございませんが、当方からの手配は致しかねます。と申しますのも、お互いの責任で発生した事故であるわけですし、車の修理期間中、いろいろな支障が生じるのはお互いさまではないでしょうか。 ○○様が代車を請求なされば、相手の○○さまからも同様の要求が出され、お互いの損害が拡大してしまうことにもなりかねません。 お互いに損害を最小限に押さえるということで、ご了解いただきたいと存じます。

  • question
  • どうして通勤用の車の場合、代車が認められないのか?

  • answer
  • 代車は営業車のように車が無いことによって収入が減少する等、具体的な損害が発生する場合にお認めしております。 ご不便でしょうが、一時的な事ですので、バス・電車等の交通機関をご利用願えませんか?バス・電車の料金がガソリン代より高くかかるようでしたら、当然その差額はお支払いいたします。

  • question
  • ベンツを破損されたのだからベンツの代車を持ってこい。

  • answer
  • 事故が一方的であり、同程度の代車を手配せよとのごお要望はお察ししますが、一般的には、修理の期間の間に代替えの自動車を必要とする場合、相当程度の自動車をご用意させていただいております。 国産車のクラウンを手配させていただきますが、いかがでしょうか。

  • question
  • それは保険会社の一方的な言い分ではないか?

  • answer
  • 保険会社の一方的な言い分ではございません。 修理期間中の代替車については同車種・同程度である必要はなく、機能的にまた外見上相当程度のものであればよいと言う判例も多数ございます。 レンタカーに乗っていただくと言うご不便をおかけするわけですから、一日も早く修理があがりますように当方からも申し入れをいたします。

  • question
  • 友人でベンツを持っている人がいる。 日額30,000円で借りるので支払え。

  • answer
  • お友達より車を借りられた場合は営利事業のレンタカー会社と同じ、またはそれ以上の金額はお支払いできません。 普通事故で困っているお友達にそれだけの金額は要求されないと思いますが、社会通念上妥当と思われる謝礼金程度の金額はお支払いさせていただきます。 (謝礼金は\3,000程度)

  • question
  • 新車要求がある場合にレンタカーを出せと言われたら・・・

  • answer
  • 一般的に賠償においては、新車買い替えの要求は認められませんし、まだ修理にかかっていただいていない現状ではレンタカーの手配はできません。 修理にかかっていただければ、その妥当な修理期間にたいしてはレンタカーを手配させていただきますので、なんとか修理にかかっていただけませんか。

  • question
  • レンタカーを出した後に新車代替要求がわかったら

  • answer
  • (すぐ交渉を開始し、修理が一般的な賠償である旨説明し、納得しなければ) レンタカーは妥当な修理期間に対して提供しておりますので、このままレンタカーを出しておくわけにはまいりません。 残念ですが、レンタカーを引き上げさせていただきます。 レンタカーの提供については、当社がレンタカー会社に依頼をして○○様に提供しております。 当社がレンタカー会社に貸出中止の申し入れを行えば、その後の請求は○○様でご負担いただくことになります。

  • question
  • レンタカー提供後全損が判明した場合どのように申し入れるか。

  • answer
  • お車の損害確認の結果、修理費がお車の時価額を超えますので、一般的な損害賠償では時価額がお支払いの限度となります。 時価額につきましては、○○様のお車の車種・型式・グレードからレッドブック(※) 等を参考に算出しております。 つきましては先日手配いたしましたレンタカーは、別のお車を購入される一応の目安として2週間程度の期間で返却いただきますようお願いいたします。東京の中古車市場においていくらで取引されているか平均値をだしたもの

  • question
  • 全損である旨の説明をし、提供期間も2週間程度が限度であることを申し入れても納得しない場合。(代車を返さないぞ)

  • answer
  • 損害賠償は金銭賠償ですので、我々としましては○○様のお車の時価を算出し、その金額をおしはらいするにとどまります。 その金額をどのように使用されるかは、被害者のご判断でございます。従いまして、お話合いの内容にかかわらずレンタカーの提供は○○様が別のお車を購入される一般的期間となります。 私どもといたしましては、このままレンタカーをだしておくわけにはまいりませんので、残念ですが、期日○月○日がきましたら、レンタカー会社に貸出中止の指示をさせていただくこととなります。その後のご利用は○○様のご負担になりますので、あらかじめご了承ください。

  • question
  • 過失割合って何だ?

  • answer
  • 交通事故の場合、どちらが一方的に悪くてもう一方には全く落ち度がないと言うケースは限定的にしかありません。 それ以外のケースについては、どちらにも責任があることになるのですが、事故を公平に解決するために双方の落ち度の程度を過去の判例等を参考にして数字で表したものを、過失割合と言います。 つまり「今回の事故で各々何%づつ負担するか」と言う事を意味します。 ○○様の場合の過失割合は通常○○:○○となりますので、お客様は相手方に○○%を賠償することになります。逆に相手方は○○様に○○%を支払ってもらうことになります。

  • question
  • 保険会社から提示された○○:○○では納得ができない。

  • answer
  • お客様のご意向はよくわかりました。 しかしながら、今回の事故についてお客様からお聞きした状況によっても、○○:○○が妥当と考えられます。 これは私どもだけで決めたものではなく、道交法や過去の判例基に作成された過失割合の基準に当てはめてみた結果です。よろしければこの基準の該当武運をご送付いたしますので、ご検討いただけないでしょうか。 どうしてもお客様にご納得していただけなければ、当方としてもお話を先に進める事がむずかしくなりますので、お客様と相手の方とでお話を願うことになります。 車を運転すると言うことは、それだけで大きな責任を負っており、事故が起これば、その責任が厳しく追求されると言うことを説明する。 修理代の早期回収を望んでいる修理工場経由でお願いするのも一策。

  • question
  • 相手が急に飛び出してきたのに、こっちにも責任があるとはどういうことか?

  • answer
  • 確かに相手方がきちんと止まっていれば事故は起きなかったと思いますし、お気持ちはわかりますが、○○様にも注意をする義務がまったくなかったか?と言うとそうではありません。道交法上、交差点を通過するときには○○様も徐行して十分安全を確認する義務があるのです。過去の裁判例でも出会いがしらの事故の場合は双方に責任が発生しています。 ○○様の加入していらっしゃる保険会社に一度相談していただけませんか?

  • question
  • 現場も見ないで過失の話ができるのか?

  • answer
  • まず、当事者双方からのお話で確認できる場合には、お互いの責任についても判断できますので、早期解決の為にはそれで示談のお話を進めさせていただいております。 ただ、双方の主張に標識や道路幅等で食い違いがありますと適切な判断ができませんので、そういう場合は現場を確認した上でお話を進めることとなります。

  • question
  • 40km制限のところを40kmで走っている車なんでないよ。

  • answer
  • 実態が制限通りではないといたしましても、道交法の規定は人や車が安全に道路を通行できるための規制ですから、それを守らずに事故が発生した以上、責任は免れないのではないでしょうか。 制限速度で走行していれば事故はふせげたかもしれませんし、あるいは損害ももっと少なかったかもしれません。 速度オーバーした分については、判例により責任割合の判断根拠とさせていただくことになります。

  • question
  • 事故現場へすぐ来い!

  • answer
  • まず警察への事故届が必要であることを説明する。 今後の処理手順について説明し、契約者を落ち着かせる。

    まず警察へ事故の届け出をしてください。
    損害賠償については私どもがお手伝いをいたします。
    後日相手と損害賠償の交渉をするときには、私どもから相手方に直接連絡を入れさせていただきます。
    なお、くれぐれも相手方にお支払いの約束などはしないようにお願いいたします。

     

    事故が起こった際、事故の当事者が事故現場に留まる時間は短いことが多いため、一般的に保険会社の担当者がお客様からの事故報告後、短時間で現場に急行することは非常に困難です。
    仮に保険会社の担当者が行くことができても、現場で保険会社の担当者がとれる対応がほとんどないこともあり、事故直後の現場に急行するサービスは行っていない。
    もちろん、ロードサービスが必要な場合は、ロードサービスのスタッフが現場に急行するので問題なし。現場に担当者が駆けつけるよりも、相手方や医療機関、修理工場などへの連絡など、適切で迅速な初期対応をするほうが、お客様により早くご安心いただける。

  • question
  • 修理工場へは入れない。自宅に置いてあるから見たければ勝手に見ろ。

  • answer
  • 具体的な損害額(修理費)を出さないことには話は進みませんし、○○様にかけるご迷惑をなるべく短い期間にしたいと思いますので、何卒修理工場へ入れていただけませんか? もし、当面修理をされる予定がなければ、見積もりと写真だけでも修理工場にとっていただきご送付いただけませんでしょうか。 弊社の勝手な見積もりでは実際に修理される時、工場見積もりとの差が出ないともかぎりませんし、そうなると○○様にご迷惑がかかってしまいます。 車には多くのグレードがあり、部品の値段もさまざまです。各々の工場の規模や設備によって、工賃もいろいろですし、分解してみないとわからない事もあります。 お車を工場へ入れていただければ、当社専門家と工場担当者が話し合いながら修理費を算出しますので、ぜひご協力ください。

  • question
  • 保険会社が払わないのなら加害者に直接言う。

  • answer
  • 示談のお話については、当社が加害者の方から任されておりますので、私が窓口となって進めさせていただきたいと思います。また、加害者の法律上の責任を負担するのが保険会社ですので、保険でお支払いできない分については、当然加害者の支払い責任も発生しません。事故と言うのはいつ起こるかわかりませんし、お客様が逆の立場に立たれる可能性もあります。それを考えていただくと法律上の責任を超えての要求は厳しいと思います。

  • question
  • 上司を出せ!あなたと話しても埒があかない。

  • answer
  • 自分が担当者であることを繰り返す。 ただ単に、金額がすくないと言うのでは話し合いにならないので具体的に話し合いの内容のどこが納得いかないのかを示してもらう。 この件につきましては、私が窓口としてお応えしております。 また具体的な内容がわかりませんと、誰とお話をしていただいても適切な回答ができませんので、かえってご迷惑をおかけすることになります。 お話は私が伺います。