• 交通事故に遭ったらプロの現役損保担当者の裏ワザ公開!交通事故119.jp
  • その慰謝料、今の5倍取りませんか?
  • 被害者請負救済人、交通事故で 苦しむ人を0にしたい

人身傷害保険QA 人身傷害保険QA

人身傷害保険は 、自分〈同乗者含む)の怪我に対する補償を実額で払う保険です。

(※ 担当者が相手側との相談にものってくれます)

ここまでみてきた保険で怪我に対する補償は対人保険 、自賠責保険がありますが、
なぜ人身傷害保険という保険商品が生まれたのか、具体的な例で考えて見ましょう。

A さんとB さんはお互いに怪我を していますが、自賠責保険だけで考えると補償は以下 のようになります。

Aさんの保際会社・・・.Bさんに対して一括する。 B さんの過失は 20%)

Bさんの保隙会社・・・.Aさんに対しては一括しない。A さんの過失は 80%)

つまり、Aさんは自分の怪我に関する補償は、自分で手続き (被害者請求) をすることになります。

しかも、70%以上の過失がありますので全額返金されず、請求額の20%が減額されてしまいます。

また、過失割合が正式に示談で決まるまでは請求しでも返金されませんので、
治療期聞が長引いたとしても示談までは立て替えることになり、経済的な負担も大きくなります。

( 内払い制度はありますが、十分ではありません)

こうした揚合のことを考えて、人身傷害保険が誕生しました。

もし、A さんが人身傷害保険に 加入していれば、こうした不便な思いをすることなく
治療に専念することができます。具体的 には次のとおりです。

人身傷害保険の役割

  • 過失割合に関わらず、自分の人身傷害保険から治療費が払われる。
    示談前も、治療するつど治療費が払われ、慰謝料も払われます。
  • 自分に70%以上の過失があっても、人身傷害保険の条件をクリアすれば 全額払われる(減額されない)
  • 自分の保際会社に請求手続きをとるだけでよく、
    相手の自賠責保険に自分で請求手続きしたり交渉をする煩わしさがない。
  • 人身傷害保険の種類によっては、歩行中の交通事故でも対象になる。
  • 家族で複数台の車がある揚合、そのうちの1台だけに人身傷害保険 (車外補償可能なタイプ)
    がついていれば家族全員の歩行中の事故が対象になる。

いかがでしょうか。人身傷害保険 (通称:人傷) は1998年に誕生した比較的新しい保険です。

人傷ができるまでは、上記のような事故では相手の自賠責保険しか請求先がなく、 手続きが非常に大変でした。

自損保険は相手の自賠責が使用できるのであれば対象外ですし、搭乗者傷害保険も
定額払いですので、必ずしも治療費や休業補償などの全額に足りるとは限りません。

このように過失が大きいほうの怪我人は、怪我をしているにも関わらず、面倒な手続きをしたり、 長期間にわたって立て替え金が発生したりと余計な負担が発生していましたが、
人傷ができてからはこうした負担から解放されたわけです。

もちろん、単独事故の揚合でも補償されます。慰謝料も支払われます。

したがって、損保では積極的に人身傷害保険を売るようにしています。

これだけ便利な人身傷害保険ですが、対象となるには当然それなりの条件があります。

便利なだけに落とし穴も多く、注意が必要です。

契約に人傷があるだけで安心してはいけません。

次から人身傷害保険の詳細を見ていくことにします。

保険金を支払う揚合

人身傷害事故によって被保険者またはその父母、配偶者、もしくは子が被る損害に対して
人身傷害条項および基本条項に従い保険金を支払います。

この人身傷害事故の定義はしっかり覚えてください。

人身傷害事故 (用語の定義〉)被保険者が以下のいずれかに該当する急激かつ偶然な
外来の事故によって身体に傷害を被った場合、保際金を支払います。

被保険自動車の運行に起因する事故

被保険自動車の運行中の、飛来中 ・落下中の他物との衝突、火災、爆発、
被保険自動車の落下

人身傷害保険に限らずケガの補償において、3 つのキーワードは特に重要です。

急激、偶然、外来がセットであることが条件です。

それぞれの意味をしっかり理解しておいてください。

また、運行に起因すると言うキーワードも極めて重要です。

事態の進行が緩慢ではなく突発的であること。

契約成立時に事故の発生・ 不発生が可能であって、いずれも不確定であること。

被保険者の身体からみて外部からの作用ということ。

(自動車の外部からではなく 、身体からみて外部からである点に注意)

運行に起因する

自動車の発進・走行・停止だけではなく、ドアや窓の開閉・アイドリング運転など自動車の
各種装置の使用 または操作も含まれる。

起因とは、ケガと運行のあいだに相当因果関係 (直接の関係) があるかどうかを意味する。

(2) 被保険者の範囲

①被保険自動車の正規の乗車装置または当該装置のある室内に搭乗中の者

モーター ビジネス (車屋 さん関係・運転代行含む〉 業者が仕事で被保険自動車を 運転中の事故は、業者は被保険者に含めない。

搭乗中であっても極めて異常かつ危険な方法で搭乗していた揚合を除く。

基本契約は被保険自動車での事故の揚合が対象 となります。

特約オプションをつければ、被保険自動車の運行に起因していなくとも、
自動車の運行に起因していれ対象にすることも出来ます。

たとえば被保険者が歩行中の事故でも相手が自動車 (バイクも含む)
であれば人傷は対象になります。(人身傷害に 関する自動車危険補償特約)

搭乗中の定義  ⇒ 超重要 ⇒ 座席に座っているだけが搭乗中ではありません !

この搭乗中の定義をしっかり理解していないと判断ができません。

搭乗者傷害保険・他車運転 特約でも重要となるキーワードですのでここでしっかり覚ましょう。

また、医師〈国家資格としての医師免許を保有する者)による治療を受けていることが前提ですので、接骨院や整骨院の治療は積極的には認定しません。

( 3 ) 保険金を支払わない主な揚合

無免許・飲酒運転は運転している本人のみ免責となり、同乗者は支払いの対象になります。

いっぽうで、運転者が年齢条件違反の揚合、あるいは限定特約違反の揚合は同乗者含めて 全員免責になります。

無断運転や無断同乗の揚合ではその本人について免責となります。

治療費 休業損害 慰謝料 雑費

自賠責保険では傷害の揚合の 限度額が合計で 1 2 0万円ですが人傷では 限度額が
保険金額となります。

ただし、相手がいる事故では二重取りはできません。

つまり 、人傷支払い分-相手支払い分であり、人傷はあくまでも、相手支払い分と比較して差額が発生す る場合に支払われます。

① 人傷 (車内+車外) で歩行中に相手自動車にはねられた。

相手自動車の運行に起因しているため有責

② 人傷 (車内+車外) で友人車両の後部座席に乗ってい る聞に単独事故を起こし受傷した。

=友人車両の運行に起因 し、人傷 (車内+車外)有責

③「人傷 (車内) のみ」 で、歩行中にはねられた揚合

=被保険 自動車に搭乗中の事故だけを補償する人傷と、歩行中 (自転車含む) の事故を 含めて補償する人傷の2種類があり、
車内補償のみであれば歩行中 (自転車含む) の事故は対象外ですので、注意してください。

*車内のみの人傷は、普通の人傷に比べて保験料が安く設定されているため、その分補償範囲 が狭くなっています。

保険金を支払わない主な揚合

被保険自動車以外の、上述の被保険者が所有する自動車。

またはこれらの者が常時使用する自動車に搭乗中生じた損害。

家族所有の別の車、あるいは家族が普段から使用する別の車に搭乗中の事故まで補償できません。

その事故はその車の保険で対応していただきます。

被保険者の使用者の業務のために、被保険 自動車以外のその被保険者の使用者が 所有する自動車を運転中に生じた損害。

仕事で会社の車を運転中の事故は免貢です。

会社で対応していただくことになります。(家事を除き、通勤途上も含みます)

【 3要件が揃ったら免責】

①使用者の業務のために

②使用者が所有する他の自動車を

③運転している間

被保険自動車以外の二輪自動車または原動機付自転車に搭乗中に生じた損害。

歩行中にバイクにはねられた揚合は対象ですが、自分がパイクに乗っているときは対象外。

ただし、ファミバイの付帯があればファミバイに既定された条件で対象。

年齢条件や家族限定をクリアし、支払う揚合で対象になっても免責条項に該当した揚合は対象外です。

特に先にあげた免責条項の3つは事故状況を詳しく確認し、登場人物と所有者 ・運転者の関係 などを確認しなければ判断できません。

会社の車・・・仕事中・・・家族の車・・・バイクで・・・などのキーワードが 聞こえた揚合には 人傷=要注意です。

また、関係性が明らかであればその場で無責案内をしますが、判断が微妙な揚合は有無責保留。

調査会社に依頼して、事故前後の経緯や関係性を詳しく調査を行います。

その結果を基に最終的な有無責判断を行います。

レベルA

① 信号で停車中に追突された。相手は無保保険だが自分の人傷は使用できるか。

自転車に乗ってい るときに自動車にはねられた。
人傷 (車内) で対象になるか。

人の車に同乗していて事故に遭い負傷した。
人傷 (車内) だが対象になるか。

レベルB

④ 契)車からおりて後部トランクを開けた際に手を挟んで負傷した。人傷 (車内) 対応可能力?

⑤バイクを運転していて事故に遭い負傷した。人傷は対象になるか (ファミバイ付保なし)

⑥ 歩行中に自動車に轢かれた。同居の配偶者所有車両の人傷 〈車内+車外)は有責か。

レベルC

飲酒運転で出会い頭に衝突、同乗者含めて3人が負傷。
運転者、同乗者の人傷は有責か

社有車を仕事で運転中に追突事故を起こして負傷。
人傷 (車内+車外) は対象になるか。

個人所有の被保険自動車を会社の業務で運転中に事故で負傷しだ。人傷は有責か。

車から降りる際に、凍った路面で足が滑って転倒し負傷 た。人傷は対象になるか。

※ 人身傷害は損保担当者でも、わけのわからない分野です ※

おかしいな?と思ったら、担当者へ思いっきり突っ込みを入れてください。

また、相手との交渉の相談もしてくれます。


(その他の相談)


  • 運転席から降りてすぐに運転席のドアを閉めたところ、指を挟んでしまった。

  • 運転席から降りて、トランクから荷物を下ろした後、トランクを閉めようとして指を挟んだ。

  • 駐車場で荷物を車のトランクへ入れたのち、トランクを閉める際に指を挟んだ。

  • 自動車のバッテリーがあがり、他の車からコードをつなげている時に火が出てやけどをした。

  • 運転席に乗り込み、エンジン始動中に、助手席のドアを開け、幼児を乗せようとした時に腰をひねった。

  • 車から降りる際、足を滑らせて地面にしりもちをつき負傷した。

  • 運転を誤り崖から車ごと落ちたが、車が気に引っ掛かり宙吊りの状態となり、車から外へ脱出する際下におちて負傷。

  • 車をバックさせる際に、リアガラスをぶつけてしまい割れてしまった。様子を見るために 助手席にいた同乗者が覗き込みガラスでけがをした。

  • 駐車場に止めた車から6歳の子供が降りる際、シートとスライドドアの間に足を挟んで転倒した。

  • 車の荷台で作業中車から転落して負傷した。

  • 車に乗り込みエンジンをかけたところで忘れ物に気づき、車から一旦降りようとして
    足が引っ掛かりそのまま地面に転倒し負傷した。

  • ファミリーバイク(人身傷害付保あり)にて、原付バイクの免許を取るため教習所で練習中に転倒負傷した。



皆さまからこのような質問がございます。
このような質問がございましたら、お問い合わせください

事故119 (2).png