交通事故に慰謝料について相談したい方、弁護士を通さずに高額請求できる方法を教えます

交通事故の基本 基準を把握し交通事故の慰謝料相場を知ろう

交通事故の基本 基準を把握し交通事故の慰謝料相場を知ろう記事一覧

自賠責、任意保険、裁判での後遺障害や逸失利益の説明※1 自賠責基準での金額は慰謝料と逸失利益は一応別々に計算します。ただ、金額が安く一般の方(働く意志と能力のある者)は基準とおり支払われますが、基本的に無職で高齢者などは基準どおりの逸失利益が認められない事もあります。※2 任意保険での後遺障害慰謝料は、目安です。会社のマニュアルに沿ってまずはこのくらいで提示をておくか・・・。となります。もちろん逸...

交通事故に遭った場合、人身と物的損害を被ったとして慰謝料などの損害賠償金が支払われることになります。しかし、金額がどのように決定されているのかをご存じの方は少ないと思います。決定基準には自賠責・任意保険・裁判所基準の3つがあり、それぞれによって金額が異なります。こちらでは、これらがどのように賠償金を決定しているかご説明いたします。調査事務所が基準を決定している自賠責基準自賠責基準では、自賠責損害調...

示談とは、交通事故治療や慰謝料などのトラブルに対し被害者と加害者が話し合い和解するための契約です。事故後のトラブルも少なく平和的な解決であるため、運転側に同情の余地がある場合や被害者の症状が軽いときには示談で解決することも多いです。スムーズに示談を成立できるよう、交通事故発生から示談までの流れや注意点をご説明いたします。交通事故発生から示談成立までの流れ事故が発生したらまずは警察に通報し、事故現場...

弁護士費用特約のメリット依頼の費用を保険でカバーできる弁護士に交通事故に関する相談や交渉などを依頼する際、弁護士費用特約を利用することで被保険者1人あたり300万円までの弁護士費用が補償され、自己負担をすることなく弁護士を雇うことができます。慰謝料基準が裁判所の基準になる。交渉の手間が省ける交通事故で被害に遭った場合、加害者と冷静に話し合いができなくなることもあります。弁護士を通して慰謝料も含め相...

自賠責保険は、自動車を持つときに必ず加入する義務のある自動車保険です。しかし、中には未加入や保険料の未払いによって交通事故の際に補償が受けられないといったことも多くあります。もし無保険車と事故を起こしてしまったらどうすれば良いのでしょうか?誰に相談をしたらいいのでしょうか?こちらでは、「無保険車との交通事故で慰謝料をキッチリもらうための方法」をご紹介いたします。政府の保障事業を活用する加害者が自賠...

交通事故と健康保険交通事故で怪我を負ってしまった時、「病院では健康保険が使えず、自由診療しか受けられなかった」といった話を耳にします。実際によくあるケースであるため、「交通事故=自由診療」といった方式がひとり歩きしていますが、厚生省では交通事故時には健康保険が使えないという取り決めはありません。それどころか、昭和43年には交通事故時でも健康保険が適用できるという旨の通達がなされており、交通事故時で...

交通事故被害者になった際、警察に届け出を出した後にどのような行動をとると良いのか分からない方は少なくありません。そこで、こちらでは交通事故被害者になった際に注意すべきこと、相談すべき事をご紹介いたします。医師の診察を必ず受ける事故による怪我がかすり傷程度であれば、病院へ行かずに過ごす方もいらっしゃるかもしれません。しかし、かすり傷程度であっても、交通事故後はすぐに病院へ行き医師の診察を受けることが...

交通事故後に行われる示談では被害者と加害者、またはそれぞれが加入している保険会社が話し合いを行い、事故によって発生した交通事故治療費や慰謝料といった損害賠償問題を解決していきます。その際に、示談金と慰謝料は一緒の意味として使われることもありますが、実際には違った意味を持つことをご存知ですか?では、それぞれの違いとはどういったものなのでしょうか。賠償金の総額である示談金加害者と被害者で話し合いを行い...

交通事故の後遺症の大半をしめる部位・症状として、頚椎に関する症状があげられます。いわゆる むちうち症 と言われるものです。いつ何時遭遇するのか分からない交通事故。後遺障害に悩み、保険会社に相談している方もいらっしゃるでしょう。その後の人生のためにも後遺症の種類をよく知り、しかるべき方法で慰謝料をしっかりと請求することがとても大切です。むちうち症(頚椎捻挫)交通事故の相談で一番多いのが、その衝撃によ...

交通事故によってむちうち症や後部交感神経症候群といった後遺障害に悩まされる方は少なくありません。後遺障害には1〜14までの等級に分類されており、認定されると交通事故慰謝料の金額も大きく変わってきます。交通事故によって後遺障害認定される等級として多いのが第12級と第14級です。そこで、こちらでは第12級と第14級の認定基準についてご紹介いたします。是非目指したい第12級後遺障害等級の第12級は、障害...

トップへ戻る