交通事故に慰謝料について相談したい方、弁護士を通さずに高額請求できる方法を教えます

健康保険が使えない?交通事故での通院も健康保険が使えます。

健康保険が使えない?交通事故での通院も健康保険が使えます。

交通事故と健康保険

 

 

 

交通事故で怪我を負ってしまった時、「病院では健康保険が使えず、自由診療しか受けられなかった」といった話を耳にします。

 

実際によくあるケースであるため、「交通事故=自由診療」といった方式がひとり歩きしていますが、厚生省では交通事故時には健康保険が使えないという取り決めはありません。

 

それどころか、昭和43年には交通事故時でも健康保険が適用できるという旨の通達がなされており、交通事故時でも健康保険を使って治療を受けることができます。

 

健康保険が使えない?交通事故での通院も健康保険が使えます。

 

 

交通事故で健康保険が適用されない場合とは

 

 

健康保険を使って交通事故の治療を受けることは可能ですが、場合によっては健康保険が適用されないケースがあります。それは、「業務上の災害」や「通勤途中での怪我」、「第三者の行為による怪我」などです。業務中の災害や怪我などは、労災が適用されるため、そもそも被害者側に負担がかかることはありません。よって健康保険が適用されないということになります。

 

労災の場合は治療費・休業補償がありますが、慰謝料の項目はありません。

 

一方、交通事故による事故は「第三者の行為による怪我」に当てはまるため、健康保険が適用されないということになりますが、加入している保険者に「第三者行為による傷病届」を届け出ることで健康保険での治療が可能です。

 

交通事故の治療は健康保険を使った方がお得な場合って?

 

 

健康保険が使えない?交通事故での通院も健康保険が使えます。

「被害者なのにどうして自分の健康保険を使わなきゃいけないんだ」との相談をよく伺いますが、示談交渉の進め方によっては被害者側に負担がかかることがあるため、健康保険を使うことをおすすめします。
それは、示談の交渉がスムーズにいかなかったり無保険者との事故だったりした場合、治療費の支払いなどを一旦自己負担することも考えられるからです。

 

また、少しでも被害者の過失が認められた時にも健康保険での治療がおすすめです。被害者に過失があった場合、過失分の損害賠償が引かれる上に、そこから治療費を差し引いた金額が損害賠償金となります。

 

そのため、「どうせ加害者が払うから」と自由診療で治療を受けていると、手元に残るお金(慰謝料等)が減ってしまうことになってしまうのです。

 

 

 

被害者支援会議では、示談交渉のスムーズな進め方や保険会社に対して慰謝料や保険金を適切に受け取るための相談やお手伝いをいたします。保険会社の内部を知り尽くした現役損保担当が、事故に関する相談やマニュアルによる裏ワザを詳しく伝授いたしますので、損害保険や事故についてお悩みならぜひご連絡ください。

 

 

 

トップへ戻る