交通事故に慰謝料について相談したい方、弁護士を通さずに高額請求できる方法を教えます

コロナウイルスと休業補償

コロナウイルスと休業補償

新型肺炎コロナウイルスと休業補償

 

安部政権が桜や盛りかけで、もう終わっていることは誰もが承知はしているものの、

 

このコロナ対策での遅さは見ていられない。

 

特に休業補償支払いについては、「払いますよ」と言いながら、何時になるのか、いくらになるのか、ちゃんと減額分は貰えるのか?国民が心配でならない。

 

さらに、いまだ支払いの基準が決まってない。

 

さて、損保も同様で休業損害・休業補償と言う支払いがある。

 

これは、非常に難しい世界だ。

 

コロナウイルスと休業補償

 

特に担当者としてはそう簡単に「払いますよ」などとは口が裂けても言えないワードである。

 

でも安部さんはいとも簡単に「払いますよ」と全国民に言い切った。

 

損保担当者としては、そんなおお風呂敷を広げて本当に大丈夫かと心配でならない。

 

TVではコロナ問題で、商店のおじさんやおばさんたちが、「店は大赤字で収入はがた落ち、このままだと要請があるなしにかかわらず店を閉めるしかない。」などと嘆いている。

 

内閣やまわりのお友達たちは役所を含め、休業補償の支払い方を分かっているのか。

 

損保担当者にとって大変難しい仕事であるものだが、いったいどうしようとしているのかわからない。

 

通常一般の商店などでは、おそらくは税金対策の為黒字を減らして申告していると思うが、申告が赤字だったり、わずかな収入として申告をしている。

 

話しは政府への怒りの為前置きが長くなったが、一般商店へはやはり昨年度の確定申告または、決算書だとおもう。

 

赤字の場合は、固定費を365日で割って1ヶ月分いくらとするのがよいのではないか。

 

人件費については、別途支払ってくれると言う事なので、また粛清要請にて営業費や仕入れは除かれるがやむを得ない。

 

それでは、給料所得者はどうか。

 

毎月の給料が減額された、または支払いが無いという所得者はどうするのか。

 

ある人は、「日雇いで収入を証明するものがない」と言っていたが、例えば損保担当者として、そのような人は当然いるわけできちっと納得していただき示談解決をしている。

 

会社から源泉徴収票を出してもらえない人もいるでしょう。

 

きちんと帳簿をつけていない会社もあるでしょう。でも、損保担当者は公平な視点からきちんと支払いをしています。

 

それでも通らない場合はありますが・・・。

 

コロナウイルスと休業補償

 

ただ、その時はその時できちっと払ってもらう方法はあります。損保社員は絶対に内容をあかしません。

 

とは言え、嘘の支払いはしません。被害者の方が当然支払ってもらえる額を支払うやり方・書面作成のしかたがあります。

 

 

 

さて、その方法とは?

 

※ コロナを含め休業補償・休業損害でお悩みの方はこちら           

 

 

 

                             即支払い解決いたします!

 

コロナウイルスと休業補償

トップへ戻る