≪交通事故慰謝料について相談したい方、弁護士を通さずに高額請求できる方法を教えます≫

TOPICS U

TOPICS U記事一覧

通院治療費支払いを打ち切ると言われたとの相談被害者の方からの相談で、保険会社担当者からの連絡で、「治療を打ち切るとの電話があったが、納得がいかない」とのお話をよく聞きます。一方的な話であり、納得がいかないのは当然です。事故の時に、「医療機関への治療費の支払いは当社でさせていただきます」などと言っといて、まだ完全に治癒したわけではないのに、損保担当者から「今月末で治療費支払いを打ち切ります」あるいは...

示談交渉が保険会社とできない場合もあるタクシー業界大手のタクシー会社であれば、おそらく任意保険には加入していると思われるが、中には何十台・何百台ものタクシーを所有する会社もあり、すべての車両に保険をかける経費が捻出できないタクシー会社もあり、相手側の事故係(渉外担当者)との示談交渉となる場合もある。また 保険料を安くするために、対物はもちろん対人まで免責額のある保険もある。            ...

不正請求対策の一環として情報交換制度の開始損保協会が損保各社へ「保険金請求歴情報交換制度」なるシステムを作り、事故対応の初期段階で過去の請求歴を確認し、不正請求疑義検知の情報の一つとして利用することが可能になりました。との事。まるで事故でケガをした被害者を頭から不正請求・保険金詐欺とのレッテルを張るこの制度にはただただ支払いを少なくしたい魂胆が見え見えです。主な概要としては、@ 保険金請求履歴情報...

メリットとデメリット追突事故に遭い、警察の届け出を済ませたあとに医療機関への通院が必要になった時、人身事故として届け出をしなければならないかとの質問をよくいただきます。事故後すぐに救急車を呼んだ場合は、警察は初めから人身事故として扱いますが、あとで病院へ行く場合は診断書を出してくださいなどと言われるケースがほとんどです。警察もむやみに人身事故を管内で増やしたくないので、物損事故扱いでも保険屋さんは...

高齢者の交通事故での介護保険利用の場合高齢者運転の事故が増え続けていますが、逆に高齢者の被害事故の事案も依然として増え続けています。保険会社(自賠責含む)はどのような保険金支払いをするのでしょうか。介護サービスを受けている高齢者が被害者となった場合、その治療費や慰謝料はどのように払われるのでしょうか。介護サービスについては、治療費として認定のほかその他費用でも対象となるものがあり、大変ややこしいで...

交通事故に強い弁護士って・・・そんな人いませんけど!ネットで交通事故と検索すると、必ず「交通事故に強い弁護士を紹介」などと出てきますが、本当にそんなに強い弁護士がWEB上で探せるのでしょうか。それぞれ弁護士さんのプロフィールを見ると、お顔からしてさすが頭の良さそうな方ばかり。慰謝料を増額、後遺障害12級獲得。損保の提示額より〇〇%UP!と、それらをより効果的に見せようと頑張っていらっしゃります。お...

カスタマーエクスペリエンス保険会社は算数チームと国語チームがあって、保険を作り売っています。要するに、事故に遭う確率と約款です。日本の保険会社は数十社ありますが、保険会社同士の事故損害率等すべてその情報を公開しあい、それを参考に保険料を決めています。今の自動車保険ではどこの会社でも、年齢に関しては、全年齢・20歳未満・24最未満30歳以上として、高齢者の料率はありません。今、高齢者の事故の問題が盛...

自動車免許を取ったお嬢さんの為に車を買ってあげた優しいお父さん。さて自動車保険はどこにしようか?と考えました。そんな時テレビからよく聞く爽やかなCMが流れてくる。保険料も安いしここにしようと早速フリーダイヤル0120へ。契約対応の若い女性の話を疑いもせずめでたく契約。それから1ヶ月たち、仕事が休みのお嬢さんはお友達と楽しくドライブへ・・・悪夢はそこから始まりました。その日の午後、お父さんより事故受...

過労死・過労による自殺を救え!労災事故が発生した時、労災保険に基づく補償がされる事はよくご存じのところですが、その具体的な補償内容について正確に理解されていない点があるようです。労働者を雇って仕事をしている場合はその安全を考えなければならないのが経営者の義務と言われていますが、多くの経営者はこのこと忘れているか、または知っていてもそこまで配慮がまわらないようにも思えます。さらに労災事故が起きても、...

弁護士保険制度取扱い事件の保険金(弁護士報酬)支払いに関しよくある質問弁護士保険制度取扱い事件の保険金(弁護士報酬)支払いに関し、よくあるご質問をまとめました。保険金の支払基準の詳細については、別紙の「弁護士保険における弁護士費用の保険金支払基準」(以下「保険金支払基準」といいます。)をご参照ください(共済については「保険」を「共済」と読み替えて同基準を適用します。)。なお、個別ケースについての保...

トップへ戻る