被害者救済請負人

交通事故に慰謝料について相談したい方、弁護士を通さずに高額請求できる方法を教えます

MENU
お問い合わせ | ご相談
TOP > 交通事故コラム 争点 > 交通事故での企業損害と払った賠償金を返せ!
記事のタイトル背景画像

交通事故での企業損害と
払った賠償金を返せ!

従業員の負傷による企業の逸失利益の賠償を求められることが、しばしばあります。

そこで今回は、従業員が負傷したことによる企業自体の損害の賠償請求が可能か否か考えてみようと思います。

 

優秀な社員をやられた企業の損害

【民法709条】ではみなさんご存じの通り、交通事故にて自己の名でその侵害を理由に加害者へ損害賠償を請求することができると定めています。

しかし、直接被害者以外の者の損害が生じた場合に、その第三者(間接損害)は自己の名でその侵害を理由に加害者へ請求できるか否かについては、上記規定からは、必ずしも明らかではありません。その為企業損害の問題として議論されています。

その為企業損害の問題として議論されています。

企業損害についての考え方

企業損害に関する見解としては、まず相当因果関係説と言う見解です。

被害者が直接か間接がを問わず、すべてを損害賠償の範囲の問題として把握し、その損害と事故が相当因果関係を有するか否かによって、決めようとするものです。この見解によれば、損害と事故とが相当因果関係のある限り、間接損害者の損害であっても請求権を認める事になります。

次に債権侵害説と言う見解があります。が続きは ⇒ 交通事故119.jp へ

 

 

 

雇っていた運転手が起こした事故の使用者責任

タクシー運転手Aさんが交通事故を起こし、被害者Bさんを死亡させる事故がありました。被害者Bさんの遺族は運行供用者である、社長のYさんに慰謝料等損害賠償の訴を提起、社長Yさんから賠償を受けました。

そこで納得がいかない社長Yさんは、運転手のAさんにその支払った慰謝料等賠償金の支払いを求めました。交通事故を起こしたのはAさんであり、多額の慰謝料を支払ったもので、当然返してくれ!となりました。


ひと時代前までは、交通事故を起こすとその会社をやめてしまい、タクシー運転手不足をいい事にして、他のタクシー会社に就職し、慰謝料など金銭的な責任を全くとらない、いわゆる各タクシー会社を渡り歩く不良運転手によって損害だけを負担させられてしまうなどの事情があったようです。また、現在も他の運転手に対する教育的な効果を狙ってそのような事も行われているようです。

さて、運転手Aさんは払ってしまうか?

 

 

                    ⇒ 続きは、交通事故119.jp へ

雇っていた運転手が起こした事故の使用者責任