TOP > 交通事故コラム 争点 > 支払った慰謝料・賠償金を返せ!
記事のタイトル背景画像

支払った慰謝料・賠償金を返せ!

雇っていた運転手が起こした事故の使用者責任

タクシー運転手Aさんが交通事故を起こし、被害者Bさんを死亡させる事故がありました。被害者Bさんの遺族は運行供用者である、社長のYさんに慰謝料等損害賠償の訴を提起、社長Yさんから賠償を受けました。

そこで納得がいかない社長Yさんは、運転手のAさんにその支払った慰謝料等賠償金の支払いを求めました。交通事故を起こしたのはAさんであり、多額の慰謝料を支払ったもので、当然返してくれ!となりました。

雇っていた運転手が起こした事故の使用者責任

ひと時代前までは、交通事故を起こすとその会社をやめてしまい、タクシー運転手不足をいい事にして、他のタクシー会社に就職し、慰謝料など金銭的な責任を全くとらない、いわゆる各タクシー会社を渡り歩く不良運転手によって損害だけを負担させられてしまうなどの事情があったようです。また、現在も他の運転手に対する教育的な効果を狙ってそのような事も行われているようです。

さて、運転手Aさんは払ってしまうか?

 

                    ⇒ 続きは、交通事故119.jp へ