被害者救済請負人

交通事故に慰謝料について相談したい方、弁護士を通さずに高額請求できる方法を教えます

MENU
お問い合わせ | ご相談
TOP > 交通事故コラム 争点 > 交通事故被害者を無視したお客様目線?
記事のタイトル背景画像

交通事故被害者を無視した
お客様目線?

こんにちは、いつもご覧いただきありがとうございます。

以前、損保JPNのTVCMについて、関ジャニを使ってあの程度?と言った事を書きましたが、さらにまた気になるCMがあります。ソニー損保の社員が出てくるやつ、スガシカオの出てくるやつ。一見社員が一生懸命頑張っている的なCMですが、まったくなっていない!あの会社、マーケティングがうまいなあ~と思っていたのですが、今回の制作は全くのド素人がしたんでしょうね。だから社員が出てくる。

 

お客様目線で、等とよく言われますが、これは完全に社員目線のほか何物でもないですね。特にネット販売をしている会社が、その向こうにいるお客様の目線で流しているCMとはどうしても思えないんです。事故に遭った被害者・契約者の事を考えたらこんな自分勝手なCMなんてあり得ないと思うのですが。

ソニー損保って、交通事故を扱う会社ですよね。

中には悲惨な事故で命を落とす方もいる。

プロ ですか・・・。

さわやかなCMを見て、被害に遭った方々はどの様に思われるんでしょうか。

社員のモチベーションは上がるのでしょうが、それは会社目線であって、

交通事故の被害者にとってみればどうなのかなあ~、

 

 

最近はセゾン自動車火災をパクリ、ソニーそんぽでも事故が起きるとセコムが現場へ急行するようです。

 

 

 

 

ただ、今までは「現場へ駆けつけるサービスはしていません。何もすることがないから・・・」と言っておきながら。

他社が現場急行サービスを始めたら、ソニー損保もやり始めた。節操がない。

でも、これって代理店がいれば何の事はないもので、どの会社も代理店が現場へ急行しますよね。

やはり代理店がいないと余計な金をかけると言うことかな。

 

 

 

 

 

 

 

強欲、勘違いのプライド 以外の何ものでもないと思いますが・・・