被害者救済請負人

交通事故に慰謝料について相談したい方、弁護士を通さずに高額請求できる方法を教えます

MENU
お問い合わせ | ご相談
TOP > 交通事故コラム 争点 > 日弁連交通事故相談センターは ご存知ですか?
記事のタイトル背景画像

日弁連交通事故相談センターは
ご存知ですか?

自賠責基準では、自賠責損害調査事務所が支払い基準に従い金額を査定し、それを参考に自賠責保険会社が支払額を決めます。みなさんご存じの慰謝料は¥4,200です。なお、自賠責ではけがを負った方を被害者とします。

慰謝料が安い、休業損害が安い。

後遺障害非該当が納得できないなどの方はぜひご相談を!

 

統計は資料として役立つのか

 

頸椎捻挫・腰椎挫傷って、ほとんどの人が3ヶ月以内で回復・改善し、その他の人も6ヶ月以内に完治している。等言ってくる担当者がいますが、それはそれとして統計があるのでしょうが、他の統計を見るといろいろです。

 

例えば誕生した月別では9月~10月が一番多いとか・・・。
理由は生物の本能的なものとして、出産に一番適している時期であると厚生労働省は言います。

なかでも9/22が出生日時の一番との統計。

でもクリスマスにちょっとしたハプニングがあってとか、岸和田のだんじり祭りが9月で、その関係者の出産月は7月が多いとかの情報もあります。

 

統計ってそれぞれの必要なものに、それぞれが使って行く資料として役立つのでしょう。

 

さて 毎月10日は何の日???

 

日弁連交通事故相談センター拡大電話相談の日です。

 

被害事故でお困りのみなさん、明日は弁護士にみっちり相談をしてみてはいかがでしょうか。

 

もちろん無料です。

 

【追記】 無料ですが、だいたい30分です。

 

30分って あっ という間ですから、2~3時間分の思いをギュッと凝縮して伺うの

 

がよろしいと 思います。