TOP > 交通事故コラム 争点 > 慰謝料支払いはどちらか?
ハンドルだけが知っている
記事のタイトル背景画像

慰謝料支払いはどちらか?
ハンドルだけが知っている

車外へ放り出され、即死した二人

 

幼い頃から仲の良いA君とB君が乗った普通乗用車が中央分離帯へ衝突し二人とも車外へ放りだされ即死しました。

車はA君の勤務する会社の車で、A君は仕事に使っていました。

当日A君は仕事の帰りにB君を見つけ一緒に帰宅することとなり、同乗することになってその後事故がおきたものです。

そこでB君の両親は、A君の使用者である会社に使用者責任に基づき損害賠償を起こしました。

ところが、事故の時にB君が運転をしていた可能性が出てきて、会社側は運転していたのはB君であるとして争いました。

はたしてB君の両親からの請求はどうなるのでしょうか?

自賠法では、いわゆる「他人」とは運行供用者および運転者以外の者。となっています。

はたしてどちらが「他人」として救済されるのでしょうか?

さて このような場合、運転者と同乗者が車外に放り出されていて、どちらが運転をしていたのかがわかりません。

ただ どちらかが運転者であるわけですが、はたしてどちらが「他人」として救済されるのでしょうか?

警察のしらべでも、残された痕跡・遺留品などからしてどちらが運転をしていたのかわからず、結局証拠上明らかにすることはできませんでした。

勤務先もB君が運転していたと言う可能性はあるとして賠償を争う事は当然とも言えます。

いずれかが運転をしなければ車は動きませんし、
逆に一つのハンドルを二人で操作することもありえません。

でもどちらかが運転をしていたことは間違いありません。

 

ハンドルは答えてくれません・・・

 

 

 

              ⇒ 続きは、交通事故119.jp へ