TOP > 自動車保険の基本 > 自損事故保険 (ファミバイ自損型)
記事のタイトル背景画像

自損事故保険
(ファミバイ自損型)

自分 ( 同乗者含む) の怪我に対する補償は、大きく分けて以下の3つがあります。

 

ファミリーバイクの自損事故についてよくご相談をいただきますので解説いたします。

① 自損事故保険

② 搭乗者傷害保険

③ 人身傷害保険

 

それぞれ理由があって3種類に分かれていますので、補償の内容もそれぞれで異なります。

事案の内容によっては対象にならない揚合もありますので、どの事案の揚合に何が補償対象になるのか注意が必要です.

 

それぞれの特徴を表すと以下のようになります。

 

定額払い① ・・・入院 6,000 円/ 日 通院 4,000 円/ 日(合計で 100 万円が限度)

 

定額払い② ・・・通院日数に応じた定額払い。

 

では、白損事故保険の詳しい内容について見ていきます。

まず、白損事故保険は自分(同乗者含む) の怪我に関する補償であり、
定額払いであることは先に述べたとおりですが、
前提として自賠責保険からの補償がない揚合に対象となります。

つまり、自賠責保険が対象になる事故では自損事故保険は対象外です。

 

*自賠責保険が対象にならない事故の例

 

( 1 ) 単独自損事故 (相手がいない事故で運転者である自分が怪我をした揚合)

 

( 2 ) 100 : 0 事故追突やセンターラインをオーバーなどで、こちらが怪我をした揚合。

 

( 1 ) は、そもそも請求する相手がいないので、自賠責保険の対象外。

( 2 ) は、相手がいるものの、100%こちらに責任がある揚合は、相手の自賠責は使えません。

(逆に、5%でも相手に責任があれば相手の自賠責を使えます。)

 

自賠責と自損のように裏表の関係にあるものは他にもありますので、ここまとめておきます。

 

① 自賠責と自損事故保険

② 自損事故保険と人身傷害補償 (ファミバイ)

 

( 1 ) 保際金を支払う揚合 (ファミバイ)

 

被保険者が以下のいずれかに該当する急激かつ偶然な外来の事故により身体に傷害を被り、
それによって生じた損害に対して自賠責保険等で支払いを受けられない場合に自損事故保険金を支払います。

 

①被保険自動車の運行に起因する事故

②被保険自動車の運行中の、飛来中 ・落下中の他物 との衝突、火災、爆発、
または被保険自動車の落下(正規の乗車装置または当該装置のある室内に措乗中の揚合)
事態の進行が緩慢ではなく突発的であること。

契約成立時に事故の発生・ 不発生が可能であって、いずれも不確定であること。

被保険者の身体からみて外部からの作用ということ。

 

運行に起因す る・自動車の発進 ・走行・停止だけではなく、
ドアや窓の開閉 ・アイドリング運転など自動車の各種装置の使用または操作も含まれる。

起因とは、ケガと運行のあいだに相当因果関係 (直接の関係) があるかどうかを意味する。

「運行に起因する」 かどうかは、自損だけではなく人傷の有無責を判断する際のとても
重要な判断基準です。考え方をよく理解しておきましょう。

 

駐車・・・すぐに動かすことができない状態で車が止まっている様子。

 

停車・・・すぐに動かすことができる状態で車が止まっている様子。

 

(信号待ちで停車) 運転・・・ハンドルやアクセルなど各種装置を使用して走行する様子。

 

運行・・・走行と時間的に密接した駐車中のドア開問、停車して降車する際など上記すべてを含む。

運行中の飛来中 ・落下中の他物との衝突、火災、爆発、被保険自動車の落下も自損事故の対象

 

としていますが、これは裏を返せば運行起因性を問わないということです。

つまり運行中である時点で②の事故については有責となり、
ケガと運行の因果関係までは聞いていません。

 

(2) 被保険者の範囲 (ファミバイ)

 

① 記名被保隙者

② 記名被保隙者の配偶者

③ 記名被保隙者またはその配偶者の同居の親族

④ 記名被保践者またはその配偶者の別居の未婚の子

実質的にはファミパイの被保険者に なります。

 

 

 

 

 

 

 

( 3 ) 保険金を支払わない揚合 (ファミバイ) 無免許・飲酒運転は免責です。

 

また無断運転は同様に対象外です。

 

(4) 保険金の支払い (ファミバイ)

 

医療保険金 (入院 6,000 円、通院 4,000 円) の日数分で合計 1 0 0万円を限度とします。

だだし、日常生活または業務に復帰できる程度に回復した時点までの回数が上限になりますので、慰謝料計算のように入通院した回数をそのまま掛け合わせて払うわけではありませんので注意が必要です。

 

白損保険は上記のとおり定額払いです。治療費や慰謝料の支払いはありません。

つまり実際の治療費よりも多くても少なくても関係なく、決まった金額を被保険者の銀行口座に支払って終わりです。

したがって、受診の際に 「お立替いただいて領収書を保管ください」 と案内すると、かえって誤解を生むことになります。

自損保険で実費はお支払いできませんので、領収書保管には触れずにいてください。

 

無保険車傷害保険

 

レアケースですので、以下のポイントだけ抑えていただければOKです。

 

① 保験者が死亡、または後遺障害を被つだ揚合

② 相手に対人保険の付保がない、対人アマウントが低く十分な補償を得 られないことがあきらか、あるいは無保険で賠償資力がない、またはひき逃げで相手が分からない、など相手から払っても らえない場合。

 

※①②を満たす揚合に、無保険車傷害保険が適用になります。

また、自賠責や政府の補償事業から支払われる揚合も対象外です。

そもそも①がレアケースですので、ポイントだけおさえておいてください。