TOP > 自動車保険の基本 > ファミリーバイクでの交通事故
記事のタイトル背景画像

ファミリーバイクでの交通事故

ご相談多数のファミリーバイク特約

 

通称 : ファミバイと呼んでいます。

家族が普段使用する原付バイクも、被保険自動車の保険で 一緒に補償するものです

他車運転特約と混乱する場合がありますので注意しましょう。

 

( 1 ) 被保険者の範囲

 

記名被保険者とその配偶者 (内縁含む) 記名被保険者 、配偶者の同居の親族
記名被保隙者 、配偶者の別居の未婚の子

範囲は他車運転特約と同じです。

たまに実務でもありますが、対人・対物保険は許諾被保険者も被保険者になりますので、年齢/限定条件をクリアすれば、友人が運転しても有責になります。

しかし、他車運転もファミバイも被保険者のなかに許諾被保険者は含まれていませんので、 友人が運転した場合は免責です。

ファミバイが他車運転特約と混同ししがちな点は、年齢/限定条件が適用されない点です。

つまり、 他車運転では車両特則場合は両方の車、賠償 (対人・対物) だけ考えても、少なくとも自分の契約条件(年齢条件 、限定条件)はクリアする必要がありますが、
ファミバイではそれがありません。

原付きを運転していたのが被保険者の範囲に入っていれば 、第一段階は OK です。

逆に、年齢条件や限定条件 をクリアしでも、被保険者の範囲に入っていなければその時点で 免責となります。

 

例) 30 歳未満不担保 本配限定あり = 今 18 歳の同居の息子が原付きで事故OK。

 

例〉 全年齢担保 限定条件なし = 30 歳の友人が契〉の原付で事故=免責。

 

ファミリーバイク特約は、家族が使用する原付までを被保験自動車の契約で補償するので
『ファミリー』 バイクといいます。したがって、被保険者の範囲も家族までです。

家族の範囲は家族限定特約 と同じ考え方になります (別居の未婚の子まで)

ちなみに、道路交通法では排気量が 1 2 5 c c までのバイクを原付としています。

それ以上の排気量では二輪自動車として区別され、ファミバイでは補償しません。

小さなバイクであれば自動車保険で一緒に補償をしますが、
大きなバイクであればキチンとバイクの保険に入ってくださいということです。

 

( 2 ) 対象となる補償

 

・対人賠償

・対物賠償

・人身傷害または自損

 

補償内容は他車運転と似ていますが、車両特則はありません。

バイクの修理代は保険対象外です。相手がいれば相手から割合分の補償を受けることになります(単独なら自己負担)。自分の怪我については自損または人傷の適用を受けることができます。

ファミバイはこの自分の怪我の補償方法で
ファミバイ (人身傷害型)」 と「ファミバイ (自損 傷害型)」 の2 種類に区別されます。

(慰謝料が出るは人身傷害型)

ファミバイと補償の関係は以下のようになります。

人傷型については人身傷害保隙の考え方に準じますので詳細説明は割愛します。

自損型については注意が必要です。

 

※ファミバイ自損型の特徴

 

・自賠責保隙に請求することが出来ない (政府の保障事業含む)場合に請求可能

・治療費実費ではなく定額の支払い

 

相手がいない事故や、相手に責任がない事故の揚合、定額での支払い となりますので、
「治療費をお支払いできる」 という案内は間違いです。定額の中味を見てみましょう。

 

・死亡・・・1,500 万円限度

・後遺障害・・・別表定めによる 2,000 万円限度

・入院・・・6,000 円/一日 事故 日から160 日以内

・通院・・・4,000 円/一日 事故白から160 日以内

 

( 3 ) 借用原動機付自転車の定義

 

他車運転でも借用車の定義があるとおり、ファミバイにも借用原動機付自転車の定義があります。

つまり、被保験者は限定されていますが、たまたま被保隙者が借りた他人のバイクでも補償の対象になりますし、常時使用するバイクでも対象になるということです。

このあたりから 他車運転と混乱をしがちですので、注意が必要です。

 

ファミバイで借用原動機付自転車を考慮するときは、対人と自賠責保険の関係に 注目するときです。

「たまたま借りたバイクに自賠責がついていなかった揚合」 を考えて見ましょう。

対人は自賠責保険を超えたところから補償されますので、自賠責に加入がなければ対人 の対応ができません。

しかし、たまたま借りたバイクに自賠責保険がついていないからといって、被保険者にその重任を負わせるのは酷だ、という考え方から、運転したバイクが借用原動機付自転車の揚合は自賠責保険がなくても、根っこから対人で補償する決まりになっています。

裏を返せば、借りたバイクではなく、自己 (家族) 所有のバイクの揚合は、 自賠責保険の加入が必要です。

なお、他車運転でも同じく「たまたま借りた車」に自賠責保険が無くても、対人は根っこから 補償します。

 

信用原動機付き自転車の定義

 

被保険者の所有する原動機付自転車ではないこと。

被保険者の常時使用する原動機付自転車ではないこと。

上記 2 つの両方を満たすバイクは、信用原動機付き自転車として考えます。

 

ファミバイで免責になるケースの例

 

・会社の原付きを業務中に運転していたときの事故 ※賠償のみ 勝手に借 りたバイクでの事故

・運転者が被保険者以外。

・バイクが 125 c c 以上。

・その他、賠償条項等での免責条項に該当する揚合。