被害者救済請負人

交通事故に慰謝料について相談したい方、弁護士を通さずに高額請求できる方法を教えます

MENU
お問い合わせ | ご相談
TOP > 新着情報一覧 > 通院を打ち切られたとの相談慰謝料に係る通院期間は誰が決めるのか?
記事のタイトル背景画像

通院を打ち切られたとの相談

慰謝料に係る通院期間は
誰が決めるのか?

通院治療費支払いを打ち切ると言われたとの相談

被害者の方からの相談で、保険会社担当者からの連絡で、「治療を打ち切るとの電話があったが、納得がいかない」とのお話をよく聞きます。一方的な話であり、納得がいかないのは当然です。

事故の時に、「医療機関への治療費の支払いは当社でさせていただきます」などと言っといて、まだ完全に治癒したわけではないのに、損保担当者から「今月末で治療費支払いを打ち切ります」あるいは、「この程度の損害なら、検査を含めて3~4日の治療費なら払いますよ」などと時には上から偉そうに言ってくる時もあります。

さて、それでは治療期間は誰が決めるものなのか?

損保の担当者がきめるのか?

いいえ 当然 被害に遭った あなた です。当たり前です。

被害に遭ったのはあなたですので、損保担当者が治療費支払いを打ち切ると言っても、それならご自分の健康保険を使って、一時立て替えておけばいいだけの話です。

事故の損害サービスですので、治療費は初めは損保が直接医療機関へ払いますが、もう払いませんと言うなら今までありがとう、でも通院はこれからも続ける。立て替えた治療費は当然加害者へ後で請求する。とすれば問題ありません。

治療費支払い打ち切りは = 通院をもうあきらめる。 ではない

損保野郎は、これ以上治療費を支払いたくない。またこれ以上の慰謝料認定期間を延ばしたくない為にこのような偉そうな話をしてきます。

再度言いますが、損保からの治療費支払い打ち切りは、もう治療を受けることができないわけでは決してありません。治療費をご自分で立て替えれば問題なく、通院やリハビリを諦める事などまったく馬鹿げた話である事と思ってください。

保険会社担当者とすれば、治療期間が長引けばそれだけ損害が拡大されて、治療費はもちろん通院の期間・頻度が多くなり、最終的に慰謝料支払い額が大きくなることを恐れて、早めにそんなふざけた事を言ってきます。

損保担当者に「君は医師免許を持っているのか?」と言ってやりましょう。なんの根拠があって偉そうに治療を打ち切ると言うのかも聞いてみましょう。

その通院打ち切りに何の根拠もなければ話になりません。しっかりと主張すべきは主張してください。

おそらく、損保担当者は事故後2~3ヶ月くらいで、医師へ文書照会をしているのが一般的で、むち打ちなどの場合は、その照会状に「神経症状なし」が確認できれば、即打ち切り交渉をしてきます。

接骨院(整骨院)などの場合は、事故後にあらかじめ「とりあえず2ヶ月の施術料金は払います」(あとは知りません)などとこれもまた偉そうに言う場合がほとんどです。

神経症状があるかないかで、人のケガの症状が分かるわけないだろと思いますが、確実に担当者は(何としても)治療をやめさせよう、諦めさせようとしてきます。

 

 

マニュアルにも、細かく載せていますが、神経症状の医師への伝え方・治療の受け方には、はじめからやっておかなければならない事、受診の仕方と言うものがあります。

打ち切りの時となっては遅い場合があります。

むち打ちで後遺障害14級は一発勝負です。

神経症状がなければ(認めさせなければ)通りません。

通常医師は特に異常なしとします。ここが問題です。

私が担当者時代によく使っていた落とし文句として、

「今までの事はひとつ線を引いていただいて、今残っている痛みは後遺症と考えていただけませんか?」などと言って、症状固定へもっていきました。

ですが、14級など通るはずがありません。すべて非該当となります。ただその時は自賠責の調査事務所が決めたこととして、「異議申し立てしますか?」(何度やっても通りませんが)としてごまかしてきました。

※ 損保担当者との付き合いの中で、単に治療費を払ってくれて当たり前と言ったものではなく、

このような事になる前に、最初からこの時のために、慰謝料や後遺障害認定のために

コツコツとやっておく。 やっておかなくてはならないことがあるんです!

あなたのお役に立ちたい。ぜひお問合せください。

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を読んだ人は 事故後の解決までの流れ も読んでいます。