被害者救済請負人

交通事故に慰謝料について相談したい方、弁護士を通さずに高額請求できる方法を教えます

MENU
お問い合わせ | ご相談
TOP > 基準を把握し交通事故の慰謝料相場を知ろう > むちうち の 症状と後遺障害
記事のタイトル背景画像

むちうち の 症状と後遺障害

交通事故の後遺症の大半をしめる部位・症状として、頚椎に関する症状があげられます。

いわゆる むちうち症 と言われるものです。

いつ何時遭遇するのか分からない交通事故。

後遺障害に悩み、保険会社に相談している方もいらっしゃるでしょう。

その後の人生のためにも後遺症の種類をよく知り、しかるべき方法で慰謝料をしっかりと請求することがとても大切です。

 

むちうち症(頚椎捻挫)

むち打ち症(頚椎捻挫)

交通事故の相談で一番多いのが、その衝撃により頭を除く体部分だけが前に押し出された場合に起こる症状であり、目に見える怪我ではないため、辛さを相手に分かってもらいにくいという難点があります。

筋、筋膜、靭帯等などの軟部組織や、放散痛等の上肢神経痛、自律神経症状を招き、直後ではなく数日後に痛み始めるのが特徴です。

 

バレリュー症候群

バレリュー症候群

強い衝撃により頚椎が歪み、交感神経が過度に緊張してしまうと椎骨動脈の流れが悪くなり、結果的にめまいや吐き気、頭痛などを招いてしまいます。これらの症状があらわれる疾患は大変多いため、自己判断で耳鼻科や眼科を受診してしまい、本当に必要な処置が遅れてしまうケースも少なくありません。

専門家に詳しく相談をする必要があります。

 

神経根症状

神経根症状は、交通事故による衝撃で頸部の神経が圧迫されたり、強く引っ張られたりすることによって起こる症状です。

頚椎内に存在する、7つの椎骨から伸びている神経根がダメージを受けることによって、局所的なしびれや麻痺、筋力低下などの症状が発生します。

頚椎を後方へ反らせると痛みが増しますので、うがいをしたり上を見上げたりする動作が困難になり、場合によっては感覚障害を招くこともあります。

 

このように、交通事故の後遺症には様々な種類があります。交通事故後の慰謝料の件でお悩みの方は、是非被害者支援会議にご相談ください。

プロの現役損保社員作成の慰謝料請求の裏ワザメルマガ・裏技マニュアルを公開しております。

交通事故慰謝料計算や示談、後遺障害に関する解説など、慰謝料の請求額をアップさせるための充実の内容となっており、保険会社からの慰謝料額や後遺症のお悩みを解決に向けてサポートいたします。