TOP > 基準を把握し交通事故の慰謝料相場を知ろう > 交通事故の示談金と
慰謝料の違いとは
記事のタイトル背景画像

交通事故の示談金と
慰謝料の違いとは

交通事故後に行われる示談では被害者と加害者、またはそれぞれが加入している保険会社が話し合いを行い、事故によって発生した交通事故治療費や慰謝料といった損害賠償問題を解決していきます。

その際に、示談金と慰謝料は一緒の意味として使われることもありますが、実際には違った意味を持つことをご存知ですか?

では、それぞれの違いとはどういったものなのでしょうか。

 

賠償金の総額である示談金

加害者と被害者で話し合いを行い、お互いが納得したうえで決まる賠償金の総額のことを示談金といいます。

示談金には、交通事故治療費や通院費といった積極損害、怪我により仕事ができなくなった場合の休業損害といった消極損害などが含まれます。

そして、慰謝料も示談金に含まれる賠償金の一部です。これが示談金と慰謝料の違いといえます。

示談金の相場はどれくらいなのかと思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、事故の状況やそれぞれの過失の度合い、交通事故治療費や慰謝料といった被害者に与えた損害の度合いによって金額が異なるため、明確な相場がありません。

そのため、相当額の示談金がもらえないという可能性もあります。

そうならないためにも、それぞれの賠償金の相場を把握し、納得のいく示談をすすめていくことが大切です。

 

示談金の一部である慰謝料

上記でも紹介したように、示談金の一部が慰謝料です。そもそも慰謝料とは、交通事故によって被害者が受けた精神的苦痛に対して支払われる賠償金のことをいいます。

示談金は明確な相場がないのに対して、慰謝料はある程度相場が決まっています。

保険会社からは、過去の実例によって決められた相場から妥当だと思われる金額が支払われます。

しかし、保険会社から支払われる慰謝料の額が相場より少ないということも珍しくなく、提示金額が高額請求だからといって下げようとする場合もあります。

実際にはもっと請求できるものが、示談が成立したことによって請求できなくなってしまい、泣き寝入りを強いられている方もいらっしゃいます。

そうならないためにも、慰謝料の相場を把握しておくことが大切なのです。

 

被害者支援会議は、交通事故被害者のサポートを行っています。プロの現役損保社員が、慰謝料請求の裏ワザメルマガやマニュアルを公開しております。交通事故慰謝料の専門家として、適切な金額を受け取るための交渉術をお教えいたしますので、保険会社との交渉が上手くいかずにお悩みの方はお気軽にご相談ください。

慰謝料請求に関することはもちろん、交通事故治療の打ち切り、過失割合が納得のいかない、後遺障害の認定で非該当になったなどの相談も承っており、完全マンツーマン指導でサポートさせていただきます。