被害者救済請負人

交通事故に慰謝料について相談したい方、弁護士を通さずに高額請求できる方法を教えます

MENU
お問い合わせ | ご相談
TOP > 基準を把握し交通事故の慰謝料相場を知ろう > 慰謝料はいくらもらえるの?人身事故の慰謝料基準
記事のタイトル背景画像

慰謝料はいくらもらえるの?
人身事故の慰謝料基準

交通事故に遭った場合、人身と物的損害を被ったとして慰謝料などの損害賠償金が支払われることになります。しかし、金額がどのように決定されているのかをご存じの方は少ないと思います。

決定基準には自賠責・任意保険・裁判所基準の3つがあり、それぞれによって金額が異なります。

こちらでは、これらがどのように賠償金を決定しているかご説明いたします。

 

調査事務所が基準を決定している自賠責基準

調査事務所が基準を決定している自賠責基準

自賠責基準では、自賠責損害調査事務所が支払い基準に従い金額を査定し、それを参考に自賠責保険会社が支払額を決めます。

みなさんご存じの慰謝料は¥4,200です。

なお、自賠責ではけがを負った方を被害者とします。

傷害事故の場合は、被害者の過失割合が70%未満であれば賠償金は減額されず、70%以上であれば20%の減額となります。

後遺症をもたらす後遺障害事故や死亡事故の場合は、被害者の過失割合が70%未満なら減額無し、70%以上80%未満は20%、80%以上90%未満は30%、それ以上は50%の減額となります。

保険会社が独自に決定している任意保険基準

任意保険基準では、各々の保険会社が定めた基準で支払額を決めています。

この基準は公表されておらず、弁護士基準と同じ扱いになるべきですが、現実は自賠責基準を参考に決定されている傾向にあります。

このようになった背景には、全ての保険会社が同一の査定にならないためだといわれていますが、交通事故被害者の立場からすると不透明だといわざるをえません。

赤本と青本で決定している裁判所の基準

弁護士基準では、民事交通事故訴訟・損害賠償額算定基準と呼ばれる赤本、交通事故損害額算定基準と呼ばれる青本で支払額が決定されます。

これらには参考になる裁判例が主に掲載されており、実際の裁判でも基準として使われています。

どの基準よりも賠償金が高額になるケースがありますが、手間と時間、費用などがかかってしまいます。

慰謝料は高額になります。

 

弁護士を頼る前に、是非とも被害者支援会議にご相談ください。被害者支援会議は、交通事故被害者のみなさんを最大限サポートいたします。少しでも受け取る賠償金を増やすための裏技を、現役損保社員がお伝えいたします。

 

 

 

交通事故の慰謝料相場基準を把握する

 

 

【算定基準による慰謝料には差がでる?】

同等の事故であっても、それぞれの算定基準によって慰謝料の金額は大きく変わります。

裁判所基準が1番慰謝料の金額が多く、次に任意保険基準、最後に自賠責保険基準という順番で慰謝料の金額が低くなっていきます。

今はネットを活用することで慰謝料の相場なども簡単に把握できます。

そのため、示談交渉の際に損害保険会社から提示された慰謝料が相場と変わりないからと、その金額で納得して示談成立された方も少なくありません。

しかし、調べた慰謝料の相場が自賠責保険基準によって出された金額であれば、裁判所基準よりも受け取る金額が低くなってしまいます。

損害保険会社から提示された慰謝料金額が妥当であるかどうかを判断するためにも、算定基準を把握しておくことが大切です。

交通事故慰謝料の請求でお悩みの方がいらっしゃいましたら、是非被害者支援会議にご相談ください。交通事故慰謝料の専門家である現役損保社員が、示談の進め方や交通事故慰謝料計算の知恵などをお教えいたします。メルマガやマニュアルにて、誰でも簡単にできる交通事故慰謝料請求の裏ワザを公開しておりますので、交通事故に関する悩みをお持ちの方は是非一度ご連絡ください。